仕組み

体質が関係あるニキビ

ニキビは比較的、男性ホルモンに左右されるといわれています。
男性ホルモンはストレスが多くなると増えてしまうのでストレスを軽減させることでニキビ肌となる肌質からは抜け出すことができます。
主にこのようにニキビ肌というのは昔からの遺伝と言われていることが多いですが、実はこの体質というのは肌の質ではなく、ストレスを溜めやすいかどうかにかかってきているものです。

ニキビができてしまうのは皮脂が毛穴に詰まってしまうことが原因。
皮脂はストレスが原因でうまれるものであり、自律神経が乱れてしまって男性ホルモンが活発になって過剰に分泌されてしまいます。
毛穴が詰まってしまうと汗や皮脂を外に出せなくなってしまいます。
よって、ニキビができやすい体質もありますが、実はその原因を自分で作ってしまっている場合もあります。

もちろん、皮脂はもともと体質で多くできやすいということもありますが、実はいろいろなニキビケアをしている人でもニキビができてしまう、という声をよく聞きます。
毎日洗顔をして、ニキビケアグッズを使って、ものばかりで対応している方も多いと思います。
しっかり意識していることはもちろんいいことなのですが、やはり生活習慣をしっかりしていくことが必要になってきます。
体質改善のために食生活、睡眠などをしっかり見直してください。

このページの先頭へ