仕組み

ニキビをレーザー治療で退治

できてしまうとなかなか消せないもの。
日々予防をしていてもなってしまうこともあります。
もちろん生活習慣を見直すことは大切なのですが、思春期ニキビの他にも白ニキビや大人ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどニキビの種類によって治療法が変わってくるので、なかなか自身でニキビを退治するのって難しいですよね。

そんなときにはレーザー治療で治してしまうのも手です。
レーザー治療の概要ですが、一般的に皮脂を好んで毛穴によりつくアクネ菌を死滅させるため、光を当てることが多いです。
その光の種類はさまざまで、赤ニキビの場合は黄色とオレンジの光、黒ニキビの場合は緑の光と使い分けがしっかり行われています。
また、炎症が起きてしまった場合もしっかり赤色の光で軽減してくれるというものもあります。
実際にこの光の名前は「ピュアアクネス」と言い、先ほどの5色の光を発生させることができます。

ちなみに、こちらの治療ならば施術後もしっかりメイクができますし、再発しにくいと言われています。
また、皮脂がたまってどうしようもない部分は別の治療法もあり、こちらは炭酸ガスを使って皮脂を溶かします。
部分にあてて、膿などを少しほじくって取り出すだけなので大きな痛みもありません。

治療が受けられるのは美容皮膚科や美容外科です。
ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ