仕組み

ニキビはストレスも関係ある

よく栄養のバランスが崩れたりすると、ホルモンバランスも崩れて、できやすいといいます。
実は、ストレスも大きな原因。
ホルモンバランスが崩れると同時に、皮脂が過剰に分泌され、それによって毛穴に詰まってニキビができやすくなります。

ホルモンバランスが崩れる原因となるのが、ストレスや生活習慣の乱れが大きいです。
社会的な不安などから、心に症状が出てきてしまうと便秘や睡眠不足を生んで、ニキビができるということがあります。
ニキビが先か、ストレス症状が先か、ということになりますが、そのまま放っておくと必然的にストレスがたまり、ニキビが悪化するということがあります。
ストレス性のニキビは気持ちやホルモンバランスが関わっているため、なかなか治りにくいのでしっかりしたニキビケアが必要になります。
できてしまったニキビは治りにくいため、陥没する原因となってしまったりと不都合がたくさん生じます。

また、ストレス性のニキビができてしまうと、一番やっかいなのは皮脂のつまりをしっかり緩和することが求められています。
ストレス性のニキビは、しっかり毛穴を開かせてそこを洗顔することが大切。
蒸しタオルで1~2分しっかりあてて、毛穴を開かせてから肌にやさしい洗顔をするといいです。

このページの先頭へ