仕組み

ニキビが発生する仕組み

ニキビとは皮膚の病気で知られ、簡単に言えば毛穴に厚くなった角質や皮脂がつまり、それが炎症を起こしてニキビができるという仕組みです。
毛穴に皮脂がたまるだけならば特に炎症は起きないのですが、その中でアクネ菌という菌が増殖して炎症を起こしてできるのがニキビなんです。
アクネ菌というのは、皮脂を非常に好む細菌だけに、皮脂が詰まった毛穴はアクネ菌の巣となってどんどん繁殖していきます。

そもそも原因は思春期ならばアンドロゲンという男性ホルモンの働きが活発になって毛穴に皮脂がたまりやすくなることでおこるもの。
成人ならば乾燥肌や不規則な生活、月経前などにおこるものです。
特に乾燥肌の方はお肌のバリアが壊れやすく、むき出しの毛穴にどんどん皮脂がたまっていくんですね。

ニキビの炎症の種類は実にさまざま。
毛穴に詰まっているだけならば「白ニキビ」や「黒ニキビ」といって、白くなったり黒くなるできものができる程度なのですが、これが悪化してしまうと、膿腫と言われ、かたく盛り上がってきます。
この段階に移ってしまうのは、できたニキビをつぶしたり、ニキビを隠すために、ファンデーションを厚塗りすることによって、肌が呼吸できなくなり皮脂が詰まりやすくなるとも言われています。
つまり、ニキビができる仕組みは生活習慣から培われているということです。

このページの先頭へ