仕組み

ニキビを生活習慣で防止

まず、生活習慣を整えることでニキビは抑えることができます。
そもそもニキビができる理由は顔を清潔にしているかという衛生面上もかかわってきますが、一番の原因はストレスをためてしまうこと。
ストレスが原因のニキビは生活習慣にも大きく影響を与え、ストレスから不眠につながったり、食生活の乱れにつながります。
まず、生活習慣を改善することがニキビ防止への大きな一歩です。

まずは不眠から。
こちらは寝る前にホットミルクを飲んだり、リラックス効果のあるハーブティーを飲むのがおすすめ。
レモンバームやカモミール、リンデンのお茶がいいですよ。
また、快適な目覚めをなかなか得られない方にはローズマリーの紅茶も効果大です。
睡眠によって人間は悪いことも忘れられます。

次に、食生活。
こちらはまずは「暴飲暴食を避ける」こと。
ニキビの原因になる皮脂は過剰な脂質の摂取によって毛穴につまりやすくなります。
よって、ゆっくりご飯を食べる余裕を作ると必然的に空腹感を感じるようにもなります。
体に不必要な物は極力とらないようにすることで、内臓や肌への負担も軽減されます。
また、ニキビなどができてしまった際も、お肌への修復ができるビタミンの摂取が重要になってきます。


このページの先頭へ