仕組み

悩んでしまうニキビの跡から解放

ニキビというのは、ニキビの痕別に消す方法等が変わってきます。
ニキビ跡が赤い場合やシミになっている場合、肌の凹凸ができてしまっている場合など様々です。
今回はニキビ痕を消すために共通することをご紹介します。
大きく分けて2つあります。

一つ目は肌をしっかり外からの刺激を予防することと、二つ目は皮脂をとりすぎないことが必要になってきます。
外からの刺激については、対策として1日の中で洗顔をしっかりすることはもちろん、肌を乾燥させたりしないことが必要です。
もうニキビができてしまっても、1日に何度も洗顔をしたり、顔を強くこすったり熱いお湯や冷たい水で洗うのはタブー。
洗い過ぎによる肌の乾燥や物理的な刺激は逆にニキビを増やしやすい原因になってしまいます。
なぜなら肌が乾燥すると、水分不足を補うために皮脂が多く分泌されるからです。
その皮脂がニキビ生成には大きな力を持っているため、できるだけ乾燥させるのは避けた方がいいでしょう。
また、外からの刺激という意味ではニキビをつぶすような行為は細菌が入ってしまう原因にもなるので、厳禁です。

日々の生活の中で、ビタミンを多くとるのもポイント。
ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸が含まれている化粧品を使って炎症を和らげるということもできます。

このページの先頭へ