仕組み

漢方薬でニキビ対応

ニキビは食生活や生活習慣を改善することで起こりにくくなる、という話はかなり聞きますが、「ニキビ体質」というのはなかなか変えられないもの。
そんなときに必要なのは漢方なのです。
ニキビに効く漢方というよりは、生活習慣やライフバランスを整えるための漢方ということで、さまざまなものが出ています。

例えば、「清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)」という漢方。
これは、もうできてしまって炎症を起こしてしまっているニキビに効きます。
体内でも上半身の炎症に効果を発揮し、1日3回飲むものです。

次に「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)。
これは主に炎症を抑える訳ではなく、生活習慣を整えるという意味合いで使います。
特に、女性にはホルモンバランスの乱れが、必然的にニキビにつながるので、そこを改善してくれます。
ストレスはニキビを増発する原因ともなるので、ホルモンバランスを整えておくと不安感やイライラも軽減されます。
また、漢方薬ではありませんが、ハイチオールCが入っているものも、ホルモンバランスを整えてくれます。
栄養剤として服用している方もいると思いますが、薬だけに頼らずしっかり自身で意識して栄養などをとっていくことが必要です。


このページの先頭へ