仕組み

ニキビに悩まされる環境

ニキビができやすい環境は主に3つあります。
1つめは「ストレスを感じながら過ごす場所」。
ストレスは主に体内にある活性酸素を活発化させてしまい、皮脂を多く出そうとしてしまいます。

活性酸素の原因はストレスなど刺激を退治するために生まれる白血球です。
白血球はいい仕事をするものですが、体に悪い影響を及ぼすこともあります。
すると、皮脂が毛穴に集中して毛穴がつまってしまう原因にもつながります。
ストレス性のニキビは主に赤ニキビや白ニキビなどになり、なかなか治りづらいのも事実です。
よって、ストレスをためないというのが必須です。

次に、2つめですが「不潔な環境」です。
不潔な環境にいることによって、毛穴が開いたりして体内に悪い物質が入るということはまずないのですが、ニキビができているときに不潔な場所にいってしまうと、炎症は大きくなってしまう可能性があります。
肌の不潔な状態はアクネ菌などの増殖を活発化させてしまうので、常にお肌は清潔な状態を保つ必要があります。

最後は「不安定な生活を送っている環境」です。
食生活はニキビにも大きく影響してくるので、しっかりビタミンや野菜などをとることによって、ニキビができにくいお肌になります。
以上、この3つをふまえて、ニキビができにくい生活を送りましょう。

このページの先頭へ