仕組み

ニキビは遺伝も関係ある

できやすいというのは、実は遺伝が原因なのではないか、と言われることも多々あります。
つまりどういうことかというと、そもそもニキビは体質や肌質に由来するものであるので、遺伝も考えられるということなのですが、実は医学的にも科学的にもニキビが遺伝でできやすいか否かは証明されているわけではないのが現状です。
できやすい遺伝子が必ずしもあるわけではなく、それが家族で受け継がれるかということもしっかり確認はできていないからです。

しかし、ニキビではなく、アトピーなどは遺伝することが確認されており、また、両親がニキビに悩んでいたという経験もかなりの確率で子供もニキビ肌になってしまう、というように言われています。
その理由は、同じ家で暮らしてさえいれば、生活習慣はそれに由来して一緒ですし、ニキビの原因になる生活をしていれば、ニキビが一家で広がるという説もないとは言い切れません。

しかし、ニキビができやすい体質や肌質が一家で遺伝してしてしまっても、体質は自ら改善できるものですし、生活習慣も管理できます。
遺伝性のニキビに悩むのではなく、しっかり自身で食管理や睡眠不足、ストレス解消などを積極的に行うことが大切です。

このページの先頭へ