仕組み

複数あるニキビの種類

種類は実にざまざま。
炎症のないタイプと炎症を起こしたニキビに大きく分かれています。
炎症のないものは主に3種類に分けられます。

ひとつめは「微小面ぽう」というもの。
これは、目に見えないものでだんだん毛穴が皮脂によって詰まり始めている段階です。
この時点で食生活などを改善するなどある程度の対策ができていれば問題はありません。

次に「白ニキビ」。
これは皮脂がつまってしまった段階です。
閉鎖面ぽうとも言われていて、皮膚に白い発疹ができている状態のことです。
この段階から、皮脂を好むアクネ菌が生まれている状況でもあります。

次に「黒ニキビ」。
これは、白ニキビができている毛穴が開いて、中に角質の混合物(メラニンなど)が黒く見える状況です。
これは開放面ぽうともいわれています。
この黒いものをとろうとして肌に刺激を与えてしまうと、より傷口が悪化してしまいます。

次に炎症を起こしたニキビによって起こる事象です。
まずは「赤ニキビ」。
これは皮膚に赤い発疹ができているような感覚です。
これは毛穴の中に詰まった皮脂が好きなアクネ菌が増殖してしまっている状況。
紫外線が毛穴の壁を壊してしまうと、ニキビの痕が残ります。
ここは気をつけたほうがいいです。

次に「黄ニキビ」。
これは赤ニキビがかなり悪化した状態です。
これはすでに中の脂肪分が盛り上がっている状況で、膿疱と言われます。


このページの先頭へ