仕組み

皮膚科でニキビ対応

ニキビは実は皮膚の病気であり、治療が必要です。
よく放って置いている人もいますが、それは大間違い。
放っておけば放っておくほどニキビの傷は深くなり、それに刺激を与えてしまうと治りにくくなってしまいます。

では、どのように治療先を探せばいいのか、と思われている方はまず皮膚科をおすすめします。
ニキビというのは実は「尋常性ざそう」という病気です。
よって、しっかり治療をしておくことが必要になります。

皮膚科での治療は保険が適応された場合は負担の割合が3割と通常の病院代と同じ扱いです。
保険が適応されないのは、フルーツ酸などを利用して古い皮膚を新しい皮膚へ再生する「ケミカルピーリング」という治療法だけ。
そのほかはだいたい保険が適応されます。

治療の手順は、ニキビの様子をしっかり観察し、処置、そして薬の処方までと一般的な病院での治療の何ら変わりはありません。
ひとつ異なることといえば、とくに特別な検査をするわけではなく、血液検査のみの場合も多いため、大きい金額が飛ぶことを懸念する必要はありません。
ニキビの治療は食生活なども大きく関わってくるため、生活についてアドバイスを受けることもあります。
以上のように、ニキビを治すためには、しっかり皮膚科で治療をすることが必要です。
ニキビが顔にしかできない理由についても興味深いです。

このページの先頭へ