仕組み

ニキビをビタミンCで防止

ビタミンがニキビにいいということは聞くと思いますが、実際なぜビタミンCがニキビに効くのかということを解説していきます。
ビタミンCはレモンなどフルーツ系に多く入っていて、体の調子を整えるといわれています。
ニキビに置き換えると炎症を抑えたり、美白効果を強めたりします。
これは主に肌への効果であり、顔だけでなく体の皮膚すべてに共通して効果が期待できます。

また、ニキビの原因となるのは生活習慣の乱れからくるストレスとも言われています。
ストレスは受けると活性酸素が多量に放出され、その活性酸素が肌を傷つけ、皮脂を分泌させる原因となってしまいます。
このビタミンCはそういった活性酸素を中和して無害なものにしてくれます。

実際、ビタミンをしっかり体内に入れるためにはビタミンC誘導体というものを経由することが大切といわれています。
そのためにはしっかり誘導体が配合されている化粧水などを使用することが求められています。

ビタミンCの1日必要摂取量は100ミリグラムほどといわれています。
ビタミンCはほぼ半分以上が毎日の食事で使う野菜からとっています。
よって、毎日野菜をとることが大切です。
日々、野菜をとるという心掛けは大切にしてください。

このページの先頭へ